弁護士紹介

弁護士紹介:山田 秀樹

社会的に弱い立場の人に寄り添い、
問題の解決に取り組む。
それが弁護士の仕事だと思っています。

弁護士法人 ぎふコラボ 西濃法律事務所

弁護士  山田 やまだ 秀樹 ひでき

資格 弁護士
1988年弁護士登録
出身地 静岡県
最終学歴 東京都立大学法学部卒業
所属
  • 岐阜県弁護士会会長(2010年度)
  • 名古屋家庭裁判所家事調停官(2006年10月〜2008年9月)
  • 医療事故情報センター(正会員)
  • 先物取引被害全国研究会(幹事)
  • 9条の会・おおがき(世話人)
相続・遺言
これまでに数多くの遺産分割事件を取り扱ってきましたが、当事者間で遺産分割協議が整わない時に、漫然と話し合いを継続するのは、いたずらに紛争を長引かせるだけだと感じています。
早期に、家庭裁判所に遺産分割調停を申立てるのが紛争解決に有効だといえます。
裁判例の動向も踏まえて、ご相談に当たります。
交通事故
任意保険の弁護士特約が一般化し、弁護士に相談される方が増えています。
示談の前には、保険会社から示談額が提示されますので、これを鵜呑みにせず、一度、ご相談されることをお勧めします。
示談額の増額の可能性が高まります。
消費者被害・投資被害
弁護士登録以来、消費者事件(その中でも悪質商法、多重債務)に積極的に取り組んできました。
消費者事件の中でも専門性の高い投資被害(金融商品取引被害)にも取り組んでいます。
豊富な経験にもとづいてご相談に当たります。
医療事故
医療事故に関する相談は特に専門性が要求される分野です。
自ら研鑚に努めるとともに、医療事故情報センターに入会し、協力を得ながら、事件処理に当たっています。
労働災害
特に、中小零細企業では、労働災害が起こっても労災申請が行われなかったり、使用者の安全配慮義務違反があいまいにされたりすることが目につきます。
労働災害に遭った労働者が適正な補償を受けられるように努力したいと思います。

大学時代の自治会活動が、今の自分の原点です。

大学受験の時に、担任から法学部を勧められ、漠然と弁護士や司法試験を気にかけるようになりました。
大学入学後は学生自治会の活動に誘われ、中心的に活動。ここでの活動や勉強が今の自分の原点になっていると思います。
この活動の中で、不当解雇事件や冤罪事件、公害事件などを知り、その中心を担っている「自由法曹団」や「青年法律家協会」の存在を知って、弁護士という職業が具体的になり、司法試験を目指しました。

社会的意義のある事件に関わることも多く、やりがいを感じています。

弁護士の仕事にやりがいを感じるのは、社会的に意義のある事件に取り組んでいるとき。
現在進行中の事件で言えば、大垣警察市民監視事件がそれにあたります。
過去には、徳山ダムの建設差し止め訴訟、水害訴訟(新川決壊水害訴訟、荒崎水害訴訟)などがあります。

法律的な紛争には2種類のものがある。

1つは市民同士の争い。もう1つは市民と権力・資本との争いです。前者は対等な市民同士の争いで、いわばお互い様な問題であるのに対し、後者は社会の仕組みから必然的に発生してくる構造的なものであり、いわば弱者対強者の争いです。

後者の場合、弱者が勝利するためには、どこに問題の本質があるのかを解き明かし、正当性を主張していくことが必要になります。
そのために、社会科学(哲学、社会学、経済学、政治学など)の勉強が不可欠になります。

この2つを間違えないようにすることが肝要だと思っています。
例えば、同じ借金の取り立てでも、友達からのものは前者。
サラ金からのものは後者です。後者は消費者問題と呼ばれ、消費社会から構造的に生まれてくる被害です。 だから「サラ金からお金を借りた人は被害者」と言えるのです。

後者の問題の解決に取り組むのが、弁護士の仕事だと思っています。

憲法の基本理念と、「もの言う自由」を守るために。

「ぎふコラボ」の前身である笹田法律事務所が西濃地域に開設されたのが1982年。
以来、地域司法の担い手として、さまざまな法律問題や裁判に取り組むとともに、平和や人権、民主主義が守られることを目指した活動を精力的に行い、地域の民主的法律センターとしての役割を果たしてきました。

焦眉(しょうび)の課題は、憲法9条改憲の国民投票が予想されることであり、ここにおいて、憲法の平和主義の理念が守られるように活動していきたいと思います。

また、大垣警察市民監視事件は、事務所が地域で重要な役割を果たしてきたからこそ起こった事件だともいえます。この裁判を勝訴に導くことが私の任務だと考えています。

焦眉(しょうび):差し迫った状況にあること

スキーを始めて30年。毎年、雪山で難コースに挑んでいます。

「スキーをすれば、冬も楽しくなる」という友人の言葉に心を動かされてスキーを始めたのですが、仕事のストレス発散にもってこいで、毎年欠かさずスキー場に通っています。
特に白馬はお気に入りのスキー場で、足繁く通っています。
スキーだけでなく、白馬三山の雄大な眺めや源泉掛け流しの露天風呂、料理にお酒など、楽しみはたくさんあります。

ページの上部へ ページの上部へ